コーチングの最中は頭を使ってはいけない

コーチングの最中は頭を使ってはいけない

通常、我々がお客様との打ち合わせや上司と話す場面では、自分の考えを明確に持っていなくてはなりません。

 

お客様からの質問に質問で返したり、上司から質問されたことを質問で返すことが良いと思う人はだれもいないでしょう。

 

ですから、我々はできるだけ自分の頭で考えて答えを持つように努力しますし、これからもそうするでしょう。

 

しかし、部下指導の場面では別です。

 

上司は頭を使ってはならないのです

 

あくまでも、部下の頭を働かせるのです

 

理由は過去の記事で散々述べてきたので割愛し、コーチングスキルの側面でみていきます。

 

例えば「~はどうしたらよいでしょうか?」と、部下が質問してきた場合はどうでしょうか。

 

簡単です。

 

「君はどう思うんだね?」と問い返すのです。

 

コーチングでは、できるだけ相手にボールを持たせることが推奨されています

 

一方で、コーチングには”質問されたら答える”という原則もあります。

 

相手が、その答えを受け入れる準備ができているのであれば、「私はこう思う。」と答えてあげることも必要でしょう

 

逆に、何の考えも無しに質問してきているのであれば、問い返してあげたほうがその人の為になります

 

できるだけ相手にボールを持たせるようにするものの、単純にボールを打ち返すだけでも駄目なのです。

関連ページ

性善説に立とう
コーチングは性善説に立つと言われています。
答えはあなたの中にある
コーチングでは、答えはすべてその人の中にあると考えられています。
潜在意識に光を当てよう
コーチングでは潜在意識に光を当てることが必要だと言われています。
オープンクエスチョンを使いこなそう
コーチングの質問スキルについて説明しています。
やってはいけないオープン・クエスチョンとは
コーチングにおけるやってはいけないオープン・クエスチョンについて解説しています。
相手に興味を持つことが出発点
コーチングにおける傾聴スキルについて説明しています。